痩せるには運動が一番

MENU

痩せるには運動が一番(女性/20代)

女性

昔からぽっちゃり体型だった私は、両親などには「大人になったら痩せるよ。いまは成長期だからだよ。」と言われて高校までそれを信じて来ました。でも、高校を卒業するまでなかなか痩せず、やはり成長期は関係ないんだ!とそこで気づき、本格的にダイエットを始めました

 

まずやったのが、カロリー制限です。私の基礎代謝が1200キロカロリーだったので、1日の摂取量を1200キロカロリーまでにしました。食事内容は基本的には和食でした。ただ、外食するときには我慢せずに好きなものを食べました。甘いものも我慢はしないで、食べたいときは食べますが、食べる量は一つ丸々ではなく、半分だけ食べて、あとは明日…という風にしました。

 

リバウンドは避けたかったので、ガチガチな食事制限はしませんでした。そのときだけの食事制限をしても、また元の生活習慣や食事に戻したら、リバウンドするのは目に見えていたので、出来る限りずっと続けられるようなダイエットがしたかったのです。日常生活では、出来る限り階段を使ったり、バスや電車の移動では座らずに立ったりしました

 

あとは、今までクイックルワイパーだったのを雑巾掛けにしたり、こまめに動くことを心がけました。運動は、毎朝1時間ウォーキングをしました。これが一番痩せた理由だと思います。起きたらお水だけ飲んで、胃が空っぽの状態でウォーキングします。そうすると、運動したときに燃焼出来るものが胃に何もないので、最初から脂肪を燃焼してくれるそうです。

 

ウォーキングしながら、小顔体操もやりました。人目も気にせずに。あ〜んまでの50音を大きな口を開けて発言するのです。この小顔体操は、暇があれば家でもどこでもやりました。おかげでいまは二重顎もなくなり、すっきりしたフェイスラインになりました。食事はそこまでガラリと変えたわけではないので、この運動や日々のちょっとした仕草を大きくしただけで私は10キロ痩せました!運動がリバウンドもしないし、一番痩せる近道です。

youtubeのエクササイズで大幅減量

女性

恥ずかしい話なのですが、体重が3桁ありました。そのくらい太ると美容だけではなく健康でも色々不安な点がありましたし、せっかく彼氏がいるのにデートをしていてもすぐに疲れてしまいます。階段を利用すると疲れますし、このままではいけないと思っていました。

 

そんな時ぼーっと見ていたyoutubeで見つけたのが、エクササイズの動画です。ある方がアップロードしていて色々な種類があるんですよね。ちょっと見た感じできそうだったのに、コメントでも痩せたとおっしゃっている方がたくさんいて自分でもやってみることにしました。

 

結果ですが、見事に惨敗です。最初の内は確かに楽なのですがどんどん苦しくなっていって、終わったら倒れこむようになってしまいました。でも、いつもはあまり汗をかかないタイプなのにじわーっと汗も出ていましたし、何だかそれが気持ち良かったんですよね。そこで、一番運動強度の低いものを最後までしっかり出来るようにするところから始めました。

 

一ヶ月ほど毎日やってみたところ、110kgあった体重がまさかの97kgにまでなっていました。久しぶりに2桁台になれたのがすごく嬉しかったですね。なんといっても、何をやっても痩せられなかった自分でも、ちゃんと痩せられる方法があるんだというのが大きな自信になりました。

 

それからは、その人がアップロードしている動画を見ながら毎日エクササイズをするようにしています。それだけではなく、運動前に燃焼系のサプリメントも飲むようになりました。体重が落ちれば落ちるほど、段々とスローペースにはなってきていますがしっかり体重は落ち続けています。また、ダイエットに少しでも成功すると、美意識全体が高まるのか以前に比べて野菜を食べるようになりました。以前だったらお菓子を買ったりしていたお金も美容グッズを購入したり。

 

1年ほどやってみて、体重は65まで減りました。まだ若干肥満気味ではあるのですが、続けてもっと綺麗なスタイルになりたいです。

ダイエットをして気がついたありがたさ

女性

私がダイエットに挑戦しようと思ったのは、自分のお腹が気になったからです。学生時代は運動部に所属していたので、お腹を空かしてどうしてもたくさんご飯やお菓子を食べてしまい引退後もそれが抜けず太ってしまいました。私は腕や太ももには肉があまりつかないのですが、お腹周りに肉がどうしてもついてしまう体質です。

 

ご飯を減らすことは正直苦しいし想像ができなかったので、それ以外の方法を試すことにしました。

 

まず、最初に挑戦したのは筋力トレーニングです。割りとハードなV字腹筋や腕立て伏せなどをしました。しかし、辛いうえに時間がなかったり疲れてしまったらどうしてもさぼってしまいました。そこで疲れにくいし、続けやすい筋力トレーニングをしようとゆっくりと筋力トレーニングをするようになりました。V字腹筋も繰り返し行うのではなく、V字のまま10秒ほど体勢をキープします。

 

お腹の筋肉だけがすこし筋肉痛になりますが、そちらのほうが続けやすかったです。これと同じように背筋を鍛えるトレーニングや身体をほぐす運動を暇な時に行うようにしました。しかし、1〜2キロは減るのですが大幅に減る様子はなくしばらくその体重をキープしていました

 

やっぱりこれだけじゃ厳しいと思い始めた私は次に、食生活を改善することを考えました。日頃から好き嫌いなく野菜も積極的に食べていたのですが、ここでの問題はお菓子や飲み物だと考えました。しかし、好きなモノばかりを奪うダイエットだと続かないことはわかっていたので飲み物を水を7割、お茶、コーヒーを3割にする代わりお菓子は食べることにしました。さらに、糖分の入った飲み物は飲んでも週1回と決めて次のダイエットを開始しました。

 

すると、この間よりダイエットがはかどり体重はピーク時より4キロ落ちて最高は7キロ落ちました。そのようなダイエットを続けていると糖分が入ったものがなくても快適に過ごせるようになり、たまに食べるお菓子が自分のご褒美として大幅に価値をあげました。あの時私はダイエットをしなければ、お菓子のありがたさを理解することなくぷにぷにのお腹を抱えて生活していたでしょう。今ではダイエットしたときの4キロ減った体重を維持しながら無理のない生活を送っています。